はさみで処理

アンダーヘアを処理する方法は幾通りがありますが、はさみを使って処理する方法もあります。

今までにアンダーヘアをあまり処理したことがない初心者の方には、おすすめの処理方法だと言えます。その理由は簡単でしかも、肌トラブルを起こしにくいからです。アンダーヘアの処理経験が少ない方は、どの程度ムダ毛を処理していいのかという加減がわかりにくく、必要以上の処理をしてしまうことがあります。

はさみを使った処理方法であれば、一度にではなく少しずつアンダーヘアを処理していけますので失敗が少ないのです。またアンダーヘアの処理トラブルで最も多く聞かれる肌荒れや黒ずみを起こすことなく、ムダ毛処理が行えるのもはさみを使うメリットの一つです。

アンダーヘアの部分の皮膚は非常に薄くしかも大変デリケートなため、かみそりや毛抜きといった一般的なムダ毛処理の方法を実践すると赤みやかゆみが起こりやすくなってしまうのです。はさみで処理すれば皮膚にダメージが加わることがありませんので、肌トラブルを起こさずに処理を行うことができます。

銀座カラーは、口コミで知りました

はさみで処理するデメリットとしては、ムダ毛を根本から処理しにくく処理後の肌の毛穴が黒くぶつぶつになってしまうこと、そして毛が短くなることで下着からはみ出してしまうことがある点です。

カミソリや毛抜きと違って根元の部分からムダ毛を処理できないため
わずか数ミリ皮膚から出た状態でムダ毛が処理されます。
そのため見た目にも黒ゴマがついているようですし、さわり心地もチクチクします。

脱毛ラボの口コミで絶賛されていました

毛抜きで抜いて処理

アンダーヘアのムダ毛は他の部分に比べても色が濃いため、処理に手を焼いている方も多いのではないでしょうか。

カミソリで剃ってもすぐに毛が生えてきてしまうため、処理頻度が多くなってしまいます。その点毛抜きを使うと根本に近い部分からムダ毛を処理できますので、次に処理する期間を伸ばすことができるのです。

中には他の脱毛方法と組み合わせて毛抜き脱毛を実践されている方もいらっしゃいます。アンダーヘアも毛抜きで処理することでムダ毛をある程度きれいに処理することが可能ですが、デメリットも多く持ち合わせています。一つは痛みが非常に強いことです。ワキの下やひざ下といった部分のムダ毛を気にされる女性は大変多く、毛抜きを使って処理されている方も多く見られます。

しかしながらアンダーヘアに関してはワキの下やひざ下と比べても、毛抜きを使った脱毛で受ける痛みが酷くなります。
それなりの量を処理することになると長時間傷みに堪える必要があるのです。

また毛抜き処理により肌荒れも起こりやすくなります。毛抜きでの処理は無理矢理毛を引っ張って抜き取るため、毛を抜いた後の毛穴からバイキンが侵入しやすいのです。

その結果赤みや腫れ、化膿といったトラブルが起こりやすく、その部分が下着とこすれて刺激を受けると痛みやかゆみが余計に酷くなってしまうのです。

そのような肌の状態では、アンダーヘアがなくてもお肌を人前に見せられるような状態ではなくなってしまいます。

Iラインの脱毛は、後悔する前にしておきましょう

カミソリで剃って処理

アンダーヘアの処理方法として、カミソリを使って処理する方も大変多くいらっしゃいます。

ムダ毛処理専用のカミソリを一つ持っていれば、ワキの下から足先まで全身のムダ毛処理に使用できます。かみそりで処理するメリットは、手軽に思い立った時にムダ毛処理ができること、自己処理のさまざまな方法の中でもコストがかからない、そして広範囲にわたってムダ毛を処理できる点です。しかしながらカミソリによる処理にはデメリットもあります。

一つは広範囲を短時間で処理できる分、すぐにムダ毛が生えてきてしまうことです。カミソリで処理できる部分は、毛穴から外に出ている部分だけです。そのため一日から数日も経てば数ミリ短いムダ毛が生えてきてしまうのです。ムダ毛が生えてくるとまた気になりますから、カミソリで処理を再度行うことになります。処理時間は短いのですが、処理する頻度は必然的に増えてしまうのです。

お肌へのダメージが大きいこともカミソリ処理のデメリットです。

アンダーヘアが生えている皮膚は体の他の部分と比べて大変デリケートですので、皮膚トラブルが起こりやすくなっています。カミソリ処理により肌表面が傷つき、肌を保護してくれている角質層までも削り取られてしまいます。

その結果肌が外部の刺激を受けやすくなり、赤み、かゆみが出てきやすくなります。
またダメ―ジを受けた皮膚を守ろうとして、メラニン色素が分泌されてしまうためお肌が黒ずむこともあります。

http://脱毛ラボ料金j.com/